トップイメージ
契約店舗でどれものカードが使用できるわけでもない□クレジットカード会社の加盟店は一般的には、二つ以上のクレカの会社と契約していますが、ちょっと不便ですが一切の加盟店でどれものタイプのクレカが決済可能なわけではありません。例をあげていうと以前からある加盟店の際だとJCBの印の入ったクレジットカードしか決済不可なときもあるし最近の商店なんかではビザとかマスター印の書いてあるやつしか使えない場合もあります。ディスカバーといったクレジットカードの場合もっともっと切れないショップが多いでしょう。どのブランドのカードが使えるかをいかに確かめたらいいものか?「ならばどのようにしてどの印の所有カードが使えるかを判断したらいいんだろう?」という質問だけど正しくチェックするとしたらショップの担当者に問い合わせてみるのみしかないていうのが正直なところ正しい回答です。でも大多数の店やショッピングモールには店舗前の分かりやすいスペースに使用可能なクレジットカードのブランドがプリントされた認証ステッカーが掲載されているため、「なるほど、その店はVISAカードが使用可能なんですね」といったことが困らないようになっているので確認してもらえると思います。とはいっても、しっかりと確認が出来ていない加入店舗で切るときにはロゴステッカーが掲げられている場合でも「当店舗では○○カードはお受けいたしかねます」などという回答をもらうケースもありメンツをつぶされてしまう状況に出くわしかねません。やはりできる限りはより多くの加入店舗でクレカが切れるようにするためにも、もう一つのブランド(国際ロゴ)がはいった一般的なVASA、MasterCard、ダイナースカード、ライフカード、というようなカードを複数枚財布に入れておくようにするとよいと思います(例として:JCBを携帯しているなら二枚目はディスカバーカード付属のカードを財布に入れておくなど)。もっぱら日本においては、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのロゴが入ったカードをその都度携帯しておけば、間違いなくほとんどの加入店舗で少なくとも1枚のクレジットカードを渡すよう準備万端というわけです。クレジットカードを使って日々ポイント取得を続けるつもりならば、言うまでもないが上記のクレカを所有しておいていただくようお勧めします。

リンク

Copyright © 1998 www.comicroyale.com All Rights Reserved.