トップイメージ
支払うべきお金が存在しているクレジットの無効化に関しても注意⇒ショッピング枠もしくは各種サービス借入金などといった支払うべきお金に対する支払いが引き続き終了していないという状態にも関わらず使用不可能化ということを実行するとごく自然なこととも言えますがクレカの使用取りやめと一緒にローン残高への一括払いを促されるという修羅場も考えられます(例えば支払いが終了していない金額を使用不可能化してしまうならすぐに払ってくれという風に催促されます)。返済時のお金に十分な可処分所得がすぐに使える形で存在する状況であればトラブルは起きないと考えらますが、余裕がわずかな時期にそのような解約という行為をやってしまうのは自らの首を絞めるようなものに違いないとも言っても言い過ぎではないのであるから、とりあえず払い渡しが完了してからカードの無効化を実行するというように時期を工夫した方が間違いがないと思います。契約失効手続き時にはどの程度保有しているクレカを利用しているのかをきちんと知った上で機能停止を実行に移して下さい。使用不可能化手数料のかかるクレカも実在⇒すごく特別な例ですが特殊なカードサービスにおいて無効化上のマージンに類する退会費用が発生する場合がある(少数のマスターカード等)。ごく稀な例外的ケースである故普通は考えなくとも構わないのですが、クレジットカードを作ってからある一定の間で解約するようなという例外的条件時などに使用不可能化手数料というものが求められる決まりとなっているから、上記のような無効化上のマージンを節約したいのならば、契約書などで定められた月数が過ぎるのを待ってちゃんと使ってから機能停止に及んでもらうようにした方が良いでしょう。ちなみに、心配しないでほしいのは、そういった状況は無効化しようとした際にカスタマーセンターの担当者の人から忠告あるいは予告のようなものが間違いなく言ってもらえるはず。事前の報告もしないまま突然機能停止のための支払いが天引きされてしまうということは考えにくい話ですから、気軽に解約を窓口に申し出てみて自分の保有しているクレカに機能停止のための支払いが必要か否か調べて下さい

リンク

Copyright © 1998 www.comicroyale.com All Rights Reserved.