トップイメージ
使用した利用レシート保有する必要はある。結論について先に言うととっておく必要は特段ないというのが答えです。人によれば所持することにより自分自身が使った内容を持っていたいと思う場合には捨てなければいいのだし、反対に言うとものいらないというのであれば残しておく必要性はないと言えます。但し月に一度送られてくる使用履歴との確認の際には間違えなくレシートは不可欠となります。明細をそこまでキープしないと、どのショップでいつどのくらい決済したか?というのがわからなくなるだけではなく、誤りや二重請求があるかの確認すらできないので気をつけなければなりません。クレカを使用した内容は明細レシートを保管していない限りは記憶することはできないはずです。理想を言えば利用明細書が送られてくる1ヶ月・2ヶ月くらいの期間は、きちんと保存したい。クレジットカードのレシート処分のやり方)クレジットの明細レシート廃棄のやり方はとても簡単です。不正使用されないよう破って捨てるだけで大丈夫である。簡易裁断機が利用できるならば念には念を入れて利用しても良いでしょう。なにせカードの使用を証する利用レシートであるのだから、クレジットカードNoなど、個人の情報について特定されるデータが非常に多く書かれています。不必要な利用レシートと考えず、破棄は細心の注意を払って行うようにして欲しい。尚、最近は犯罪防止の意味でレシートにカード番号といった個人情報が書かれないレシートも出ているが、過信は禁物と思われます。

リンク

Copyright © 1998 www.comicroyale.com All Rights Reserved.