トップイメージ
クレジットの不要に思える!そういった時にはクレカの解約(かいやく)。講釈は不必要だと知っての上で敢えて説明しますが、カードの契約解除とは読者の皆さんが使っている当のクレジットカードをお店などに行っても購入手続きが出来ない状態にしてしまうことを言います。ただ今ご覧のページにおきましては不要なカードの機能停止の手段から機能停止に際しての要点などを力を入れて挙げてみることにしました。この一節をわかってもらえば解約に関する不安をすっきりと取り去って気楽になっていただけると思います。至極簡単に言ってしまうことになりますが、カードを退会する手段はすごく早く済みます。「クレカに一回手続きをしたら、たやすく解約するのは大変ではあるまいか」……」あるいは「クレジット会社の使用不可能化の申し込みが面倒なんじゃないの?」といった具合に思い込んでしまう利用者も多く存在するなどという噂だと聞いているが拍子抜けすることにクレジットカードの裏側に記載された会社の受付け窓口に電話をしクレカ機能停止の意志を言うのみで簡単に使用を中止することが可能(およそ3分くらいの申請で終わってしまいます)。クレカを作り入会手続きをする準備の時はあんなにも複雑だったのとは対照的に機能停止の事務手続きは数分の電話で完了するの?などと肩すかしにあってしばし呆然とすると思います。実際に機能停止の手続きはあっという間に完了できるのでしょうか?もちろんである。カード会社における使用不可能化の手続きはごくまれなケースを除き使用不可能化のために取り寄せなければいけない書面も不要な上にダラダラと粘られるような面倒もまずありません。本当にただ「使っている□□クレジットを使用中止したいと考えておりますが・・・」といった具合に相手の社員に向かって頼むことが出来れば完了するのです。実際、私の知り合いも10枚以上にわたってクレカを使用中止するためにオペレーターと話してきたのですがひとたびたりとも解約についてとまどったような事は普通はないのですからその懸念については不安に思わないで問題ありません。詳しい人から耳に入ってきた噂では無効化を行おうと連絡したところそうしたい都合がどんなことによるのか確認されるという事例が存在したらしいのですが情報収集の域を出ない聞かれ方だったらしく、引き止められる面倒もまずないと聞かせてくれました。万が一理由を質問されたというケースがあったとしてもあれこれ理由を考えずに『使わなくなったと思うから』や『違う会社のカードサービスのDMを読んだらそちらが魅力的に感じられるから』といった意見を話してしまえばおしまいです

リンク

Copyright © 1998 www.comicroyale.com All Rights Reserved.