トップイメージ
クレカを申し込むと必ず契約カード会社から利用明細が郵送されてきます。このご利用明細をとっておけばどこで何時何分にどの品にカード決済でいくら分払ったのかに関する明細が書かれているため、さかのぼってカードを使った一覧を見ることがたやすく使いやすい。これ一本で使うには少し難しいと思いますが簡単な出納帳のようなものにすることも可能なので、貯金管理の味方にもなるはずです。カードご利用明細が届いてからおおよそ半月後に請求額の振り込みが行われます。ということはこの利用代金明細を目ざとく見ていて思わず覚えのないリストもし本当に使ったこともない項目がリストにあれば、電話をして確認すれば済む場合が多いでしょう。たとえ偽造による不正使用などといったあなた以外による利用が確認されたような時でも、カード利用者に責任がない限りは、大抵の事例ではカード会社がそれらの不明な利用を削除してくれます。現在ではこれらのクレカの利用明細書をWEB上で照会できるクレジットカードが一般的になっています。常時ある月にいくら払って利用したかチェックしておくようにして不正使用を防ぐだけでなく、家計簿ともなり金銭管理等もできます(WEBページでクレジットカードの履歴を照会できるところは前月よりまえの引き落とし額や利用可能ポイント数なども照会可能な場合が多です)。クレカはこのような意味でも非常に有用な道具だと言えます。

リンク

Copyright © 1998 www.comicroyale.com All Rights Reserved.