トップイメージ
カードを店にて使用する時、一度は思ったことがあると思うのだが、レジの人が未熟なことでどの紙をカード利用者の方へ渡せば良いのか迷っている時があるはずです。というのも、クレジットを機械に通すと、カード端末から数枚の使用レシートというものが印字されるからで、この明細の中のどの1枚をお客様の方に渡してよいものかどうかわかりにくいということがあるのです。3枚の使用レシートの正体とは・・・3枚1組の使用レシートについては何なのかについての概要は、下記のようになります。1お客さんへ渡さなければいけない使用レシート。2店舗で保管する明細。3カード会社控え明細レシート(署名するレシート)。通常であればもちろん利用者側へ渡す用の利用レシートの方を渡されるはずですが稀にお店の控え明細をお客様にミスして渡してしまう場合の他記名した側のレシート自体を渡すなどという事故さえも見受けられます。このパターンはバイトの担当者などや、さほどクレカというものが使われるケースの少ないお店においてクレジットを利用する際それらの店員の困った姿を見れるのではないでしょうか。今後スタッフが誤った明細レシートを渡してきた際には、冷静に「違いますよ」と教育してあげてほしいものです。

リンク

Copyright © 1998 www.comicroyale.com All Rights Reserved.