トップイメージ

加盟店でいずれものクレジットカードが決済できるわけでもない■カード会社の契約店はだいたい、たくさんのクレカ運営会社に加盟していますが、全てのショップでどれもの所有クレジットカードが使えるのでもありません。ライザップ 千葉

一例をあげれば古いタイプのお店のときにはJCBの印の書いてあるクレカしか切れないときもあるし今日日の店舗ではVISA、マスターロゴのクレカしか使えない場面もあります。ライザップ 池袋

銀聯カードに類するカード会社ならもっと決済できない場面が増えるはずです。

何のロゴの所有クレジットカードが決済可能かというのをどうやって確かめたらいいものか「ならばどのようにして何のブランドの所有クレカが使えるかを見分けると良いか?」という質問ですが本当のところを見るためには該当店舗の従業員にお見せしてみるしかないというのが実はその回答です。

ただ大体のお店や料亭には加盟店の見えるところとかに使用できるクレカのブランドが入ったステッカーが貼り付けられているから、「そっかそのショップはMasterCardが決済可能なのね」というのが迷わないようにされているので安心していただけると思います。

というものの、正しく契約管理が行き届いていない店舗で使うときには、印が掲示されているのに「現在ではご提示いただいたクレカはご使用になれません」などの答えを受けるなんてこともあるので、メンツをつぶされてしまうこともなくもないですね。

贅沢をいえば可能な限り十分な数の加盟店舗で切れるようにするためにも、別のブランド(インターナショナルなマーク)がはいった一般的なビザカードMasterCard、JCB、ダイナースカード、などのクレカを複数持つようにしたほうがよいと思います(例として:セゾンカードを使っているなら次はMasterCard契約のクレジットカードを持つほか)。

とりわけ国内使用のみならVISA、MasterCard、JCBの3つのマークが書いてあるクレカを常時所持していれば、返済状況に問題がない限り日本全土の契約店舗でなにがしかのクレカを提示するよう準備できていることになります。

クレジットカードを使ってスマートな支払いを続けていくには確実にこれらのクレジットカードを財布に忍ばせておいて損はないでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.comicroyale.com All Rights Reserved.