トップイメージ

破産の申立てを行うと勤務先に秘密が明らかになってしまったら一生の恥になってしまう、などと心細く真剣に感じている人もいるようですが自己破産申立てをしても公的機関から勤め先に書類がいってしまうことはまずあり得ないので、通常の場合においては発覚してしまうことはないでしょう。

又は、通常の話ならば、自己破産というものの申し立ての後ならば業者から会社に催促の連絡がいくことも考えられません。

ただし、自己破産による債務整理の申込を公的な機関に対してするまでの間であれば業者から部署の人間に電話がかかることがないとも限りませんからそれがきっかけとなって明らかになるようなことが十分にあり得ますし収入の仮押えを行われると、同僚の耳に入ることになってしまうことは避けられません。

そういったことに対する不安が尽きないのであれば専門の司法書士や弁護士などに自己破産申立の依嘱をするといった解決手段をひとまず考えてみるのがよいと思われます。

専門の司法書士あるいは弁護士などに頼んでみるということになればすぐに全ての借入先に受任通知が送られますが受任通知書が届いた以降は債権をもつ取引先が借りた人自身に対してじかに返済の請求をすることは固く違法とされ禁じられておりますので上司などに知れ渡ってしまうという事態もまずあり得ません。

さらに、破産の申立てを原因として会社を辞さなければいけなくなるのかどうか?でありますが戸籍あるいは免許証に掲載されるなどということはありえませんから、一般的なケースだとするならば上司などに秘密が明らかになってしまうような事態は考えられないでしょう。

例え、自己破産を申請したことが会社の上司に知られてしまったからといって自己破産手続きをしたこと自体を理由として勤め先からクビにするなどということは不可能ですし、自主的に辞める必然性も一切合切ないのです。

しかし破産の申告が勤め先に事実が知れ渡ってしまい居づらくなって自主的に辞めてしまうことがままあるのも一方では事実と言えます。

給与の仮押えに関して、強制執行等の規則を定める民事執行法内で差押禁止債権という取り決めの中で給料、賃金といったものを定められており、これらの財産においては4分の1という上限までしか差押えを許可してはいないのです。

ゆえに残額としての3月4日においては押収をするということは許されておりません。

また民事執行法では標準的な国民の不可欠な生活費を設定して政令で基準となる額(33万円)を設定しているためそれより下は25%しか没収できないように制定されています。

だから借りた人がその金額以上の所得を手に入れているケースは、それを上回るお金において接収することができると定められています。

ただ、破産法の改正によって債務返済に対する免責許可の申込があり返済するための財産がないときに認められる同時破産廃止適用などによる処分が認められ、破産申告の完了が既になされていれば支払いの免責が定まり、確定的になるまでの間は、破産申請者の財に対して強制執行・仮差押、仮処分などというものが実行出来なくなり、すでに実行された強制執行などについても中断されるというように変更されたのです。

さらに、負債の免責が決定、確定してしまった場合には時間をさかのぼって終わっていた接収などは効き目をなくします。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.comicroyale.com All Rights Reserved.